山本チヌ研究会 中井様からの投稿

10月30日南伊勢町五ヶ所湾中津浜に釣行してきました。
ここ五ヶ所湾は魚影も濃く、また過去の実績からも大型のポテンシャルを秘めた三重県屈指のチヌ釣り場です。

n10-30-2_800.jpg

使用したロッドはNSR40G160-SPモデル、トップは145番。
このNSR40Gシリーズはラインナップの中核を成し、中型~大型対応のブランクをセットしたモデルで、中型を狙ったテクニカルな釣りから一発大型狙いのどちらも対応できる、まさに五ヶ所湾にマッチしたロッドです。

NSRの一番の魅力は工業生産品で無く自分要望を形にしてもらえるオーダーメイドロッドであること。
自分のフィッシングライフを楽しむうえで、保有するタックルのオリジナリティ、スペシャリティはとっても重要な要素ですよね。
今回のオーダーではグリップ周りのメイクをニシダ☆テツヤさんにお願いしました。

n10-30-1_800.jpg

今回の海の状況はヘダイの数も活性も異常に高くて、周辺にいるであろうチヌの動きを手探りするような釣りとなりました。
コーンと大粒シラサエビをメインに、集魚効果を抑えたダンゴの割れを遅めにとったインターバルの長い釣り方で1日を通しましたが、大型対応のパワーロッドでありながら、軽量でロッドバランスが優れているため持ち重り感は全く無く、集中して終日チャレンジすることができました。
また、当日は季節外れの冷たい雨とサナギの油分でスリッピーな環境でしたが、魚を掛けるたびに握りやすいグリップとリールのドラグに助けられました。タックル性能とはそういうときに実感するものですね。

朝からべったり貼りついていたヘダイが午後3時を過ぎたあたりから薄くなり、一気にチヌの気配に急変しました。
9月末に息子と訪れたときにはNSRの特徴である「綺麗な曲がり」を沢山のチヌが楽しませてくれましたが、この日出会えた7枚のチヌはひとまわり小さくてロッドパワーを持て余した感じとなりました。

n10-30-3_800.jpg

もう少し季節が進むとヘダイも少なくなって大チヌとの出会いが期待できる五ヶ所湾。
また、釣りを楽しみリフレッシュに訪れたいと思っています。

山本チヌ研究会 中井
写真提供 南伊勢町中津浜 黒ちゃん渡船

 

釣行データ

お名前 山本チヌ研究会 中井様
釣行日 2011年10月30日
釣り場 三重県南伊勢町中津浜 黒ちゃん渡船
釣果 25cm~33㎝ 7枚
ロッド NSR40G-SP仕様
リール アスリート65D LIVRE改
ライン ラインシステム MARKⅠ 2号
シンカー 無~5B
フック ウルトラ競技3号~4号