Fm親方様からの投稿

台風4号・5号の影響で、海は、やや水潮気味でやや緑色かかっている。
前日まで釣り人はいないとのことで、ダンゴから始める。

ダンゴは、NSA+本筏チヌを混ぜ、ダンゴを8個を打ち込み、仕掛けを準備。
竿は、NSR40-150-Nspに、ミディアムテーパーの穂先をセット。

まずは、アケミ両貝で、オモリなしで落とし込み様子を探る。
落下途中の中層でチョンチョンとアタリ、でも無事着底、それからアタリなし。

一日中、エサ取りなどの活性は、低く、仕掛けの打ち返しのピッチが長くなりがちに、だけどダンゴの打ち込みピッチは5分とした。またダンゴはパサパサに仕上げテニスボールより小さめに固く握って使用した。
サシエを海底にステイしている時間が長くとると、にわかにアタリが出る感じでした。

P6242246[1].jpg

10時45分、ダンゴからオキアミエサが出て、2回ほど誘い、しばらくすると、フワフワとアタリか波か分からないほどの小さな穂先の動きに、ラインを出す、またフワフワとアタリラインを出す、だんだんとラインを送り続けると、グググと、穂先を押さえ込んだ。
この本アタリにアワセ、ゴンゴンゴンと、首を振るチヌの手応え、しかも強烈な夏チヌのパワーだ、NSRのパワーを信じてチヌの抵抗を竿をためるだけで、チヌは浮いてくる感じ、浮いた分はリールで糸を巻き、37.5cmをGET。

次は、11時10分にボケで、27cmを、3匹目は、12時16分、オキアミで36cmを、その後潮止まりをはさんで、停滞。
4匹めは、16時25分、シラサエビで27cmを

5匹目は、17時ごろには、オキアミエサでダンゴ釣り、同様の釣法でジッと待っていると、微かな前アタリに合わせてラインを送り出す、と、グッと穂先を押さえこむ、ガツッをアワセると、竿が立たない、ゴンゴンゴンと竿を叩くが、グングングンと底で、筏の下に潜り込んで行く、NSRのパワーで止めようとするが、止まらずリールが逆転、それでも止めることができたが、次の抵抗で、ラインブレイク、大物を底から離すことができなかった。
原因は、チモト切れ、針結びを横着したのがたたった、やはり釣れた都度結び直すことが重要だ。

これをきっかけに、アタリは皆無に。
そのため、遠方に居るであろうと思われるチヌを探して、ボケでチョイ投げ落とし込み、しばらくほっておくと、

17時24分。
アタリが来た、そのアタリに合わせて、糸を送り続けていくと、押さえ込んだ。今度も強烈な手応え、でも、NSRは、魚の抵抗をためながら竿を上げて、上げた分以上に糸を巻く(巻けれる)、ポンピングで、自己最高の40cmのキビレをGET。

P6232238[1].jpg

これにて、竿を納めた。

今日は時期的にアタリが渋く、また、食い込みも慎重でと思い、ラインのテンションを余り掛け無いように調整しながら待ちの釣りが求められる状況で、穂先をミディアムテーパーを選択したのが正解でした。本アタリは、前アタリに抵抗なく付いて行かなければ食い込んでくれなかったようだ。

 

釣行データ

お名前 Fm親方様
釣行日 2012/06/23
釣り場 三重県南伊勢町 五ケ所湾 湾奥の筏
釣果 キビレ40㎝1尾、チヌ37.5~27㎝4尾
ロッド NSR40-150-Nsp
リール 黒鯛工房 リミデットV60D-SR
ライン LINE SYSTEM マークⅠ 2号
シンカー なし~中通し1号
フック 一刀チヌ5号