小椋様からの投稿

11月23日(祝) C☆MAX会員の修行場釣行会で答志島に行った。

なぜかこの企画はいつもまともな日に当たらない。
この日は朝から冷たい雨が降り、昼前に雨が止むと今度は強い北西の風に悩まされた。

DSCF0877.JPG

参加者7名が乗ったのは光和丸の浮島前カセ。
私は横一列に4艘並んだカセの一番東端のカセに単独で乗った。

朝一番でボケを落とし込むとエサ取りの反応。
2投目の広角にはヘダイが喰ってきた。
広角から団子釣りへと早々に切り替えたが、オキアミやボケにはヘダイが待ち構えていた。

サナギは掠め取られるがコーンは残る状況なので、コーンをメインに打ち返すが本命のアタリが取れない。
11時頃、それまでゆっくりだった潮が速くなり始めると根がかりが頻発した。

渋い状況なのでハワセたいのを我慢して、ラインを緩めたい衝動を抑えつつ底トントンで攻めていくと、オキアミ・コーンで硬い前アタリから綺麗に穂先が入ってくれた。

合わせた瞬間は根がかりのような感じで、ん?と思ったが一瞬間を置いて相手が後ろの牡蠣棚へ猛烈に突進し出した。
ラインは出さず竿を持つ腕の脇を締めて強烈な締め込みに耐えていると、相手が40Gのパワーに根負けして頭をこちらに向けた。
素早くポンピングを繰り返し相手に隙を与えないでいると堂々とした面構えの年無しが浮上した。

DSCF0872.JPG

オキアミがアタリ餌だが、ヘダイがかなりウルサイ。
釣れるチヌがデカイのでヘダイの合間に団子に割って入ってくるだろうと思いながらオキアミをメインに打ち返していると、2時頃に2枚目が獲れた。

DSCF0900.JPG

その後は右からの強風と左からの速潮を攻略出来ずにタイムアップ。

この時期の鳥羽は小型の数釣りと思っていたが、鳥羽エリアの奥深さに感動した一日であった。

 

釣行データ

お名前 小椋 様
釣行日 2012/11/23
釣り場 三重県 答志島
釣果 50cmと43cm
ロッド NSR 40G 145
リール 黒鯛工房 アスリート・レーサー65RT LIVRE改
ライン LINE SYSTEM マークⅠ 2号
シンカー なし
フック ヤイバ ダブルエックスチヌ 5号