小椋様からの投稿

10月4日、クラブの企画で六○渡船に11名が集まった。
この企画はクラブ員がいつも通っている渡船屋を紹介し、そこで釣行会を行うことでそのクラブ員の修行場を知ることができ、また参加者がその渡船屋を気に入ればリピーターになるという素晴らしい企画で毎月1回開催されている。

抽選の結果、村川氏と沖に新しく設置されたカセに乗った。
カセの約100m沖にはマグロ養殖筏群が並ぶ。
もはや神前浦ではなく太平洋といった雰囲気である。
台風の影響でうねりがひどく、カセに乗り移るのにも難儀した。

DSCF0506.JPG

大海原にポツンとカセのみ置かれているので団子釣りからスタート。
ノーシンカーで数投やってみたがうねりと速潮でラインが落ち着かずサシエがそのまま帰ってくる。
ガン玉をつけ替えて仕掛けが馴染むところを探ってみた。
ようやく中通し2号で仕掛けが馴染むのがわかり、次にアタリの出るテンションを探った。
団子抜けはわからないのでアタリが出た時の穂先の表現で団子アタリか喰いアタリかを判断していく。
地道な作業が実を結び10時頃にやっと1枚目が獲れた。

ここが時合いと思い集中するが前アタリからなかなか喰い込まない。
そこで別のカセに乗ったクラブの先輩に電話して助言をもらった。
アタリが出たらラインを張れとのこと。
このうねりの中でそんなことしたら口から離すんじゃないかと半信半疑でやってみたらそこから連発で獲れた。
40~45cmを5枚釣ったところでやはり物足りなくなった。

DSCF0540.JPG

デカバンが欲しいと思いハリをw)デカバンが欲しいと思いハリを大きくして粒サナギの房掛けで勝負に出た。
うねりの中をアタリが出るまで長い時間ラインコントロールを繰り返していると、待望の年無しがきてくれた。
うねりの中で釣果を出せたことには満足しているが、NSRの穂先でなければもう少し苦労していただろう。

 

釣行データ

お名前 小椋様
釣行日 2012/10/04
釣り場 三重県 神前浦
釣果 54cm頭に9枚
ロッド NSR 40G 145
リール 黒鯛工房 アスリートレーサーLIVRE改
ライン LINE SYSTEM マークⅠ 2号
シンカー 2号
フック ヤイバX 閃刀チヌ・ミドル 4号、オーナー伊勢尼 12号