ファイアーK様からの投稿

3月29日クラブメイトの、むーさん、たつぽんさんと、相差釣りセンターに釣行してきました。
ここは、以前にNSR作者、ニシダ☆テツヤ氏と同行釣行し、気に入って足を運び出した所で、ポイントは、沖カセ、私はむーさんと同乗、たつぽんさんは、相乗りでスタート。

到着と同時に、早々に団子のセット、外洋チヌターゲットの為モーニングは狙わずに団子にて足止め作戦せ第一投目スタート。
潮は、上潮がゆっくり湾内に向いて流れ、底潮は止まっている状態で団子が着底、むーさんと話しながら竿を持ってると「ゴツン」と団子当たり?
すかさず一旦ピックアップし、「チヌ居てる」と声を掛け、2投目スタート、やっぱり団子当たり、ラインを緩めて行き糸を送ると、コッツと前当たり、その後は穂先がスッと入る教科書通りの当たりで、1匹めゲット!
その後団子当たりからの釣りで、10時位までに20匹くらいを釣り上げました。
しかし、連発は長くつづかず、一旦食い渋りに入りました。

246-1.jpg

ここからが、勝負、食い渋りのなか、いかに釣果を伸ばすかがキーとなり団子の割れ、配合などを思案し、いかに当たりを導くか、いかに違和感なく餌をチヌの口に入れるか、掛けた魚は確実に仕留めるか、やっぱりそこはNSR!
小さく成った前当たりのその前の変化を表現し、前当たり、本当たりへとキッチリ導いてくれ小さく成った当たりを確実に捕らえ、チヌに違和感無く食い込ませてくれます。

当日使用したロッドは、NSR40G145 穂先は120番と言う比較的硬めの穂先設定ですが、一度食い込むと離すことは無く当たりを大きく表現してくれます。
今までは、数釣りと言うのには余り興味が無く、一発勝負の釣りばかりでしたが、ここまで釣れると少しはまってしまいそうです。(笑)
今回、NSR40G145ライン1.5号で使用しましたが、50cmは心配なく取れる竿と確信しました。
ある意味オールマイティー的な145、170と2本のNSRを持ってますがどちらも、魚が掛かってからの竿のしなり、リフト時のパワー、バランスはは見事です。

246-2.jpg

同船の、むーさんも、NSRのユーザーで、スポルト160MHで見事に、15枚の釣果で、「こんなん初めて」と満足されてました。
最終的に、私は30cm~48cmまでを40、枚内30枚前後が40cmと言う驚きの釣果

246-3.jpg

別カセの、たつぽんさんも勿論、NSRユーザで途中何度か連絡を入れるも
「駄目、駄目」と言いながら、13枚もの見事な釣果でで終了しました。

又、来週ものっこみチヌ捕獲行って来ます。

それと、何時も竿製作時、色々無理な事ばかり言っても対応していただき、ありがとうございます。

 

釣行データ

お名前 ファイアーK様
釣行日 2012/03/29
釣り場 三重県 相差釣りセンター
釣果 30~48cm 40枚
ロッド NSR 40G 145
リール 黒鯛工房 アスリートレーサーLIVRE改
ライン LINE SYSTEM マークⅠ 1.5号
シンカー なし~5B
フック 閃刃チヌヘビー 3号