野々山様からの投稿

6月23日(土)、1年ぶりに須賀利の川村釣りセンターへ単独釣行してきました。
この日上がったイカダは白い灯台前の3番イカダ。
船頭さんの話によると、「昨日までの雨で厳しいかもしれないが、チャリコが来たらチャンスあるよ。」との事でした。

1269.jpg

準備が終わるとまずは落とし込みからスタート。
着底して間もなく回収するとサシエのボケは無し。
2~3投くり返しても同じでしたから、直ぐにダンゴに切り替えます。
ダンゴはヌカ・砂・細引きサナギのNSダンゴに後は調整用にチヌパワーとアミエビを少々加えたもの。
これをニシダ塾で学んだとおり、ガチガチに握り締め投入します。
後はアタリが取れるところでコントロールをしつつ打ち返していきました。
しかし時間が経つにつれて底から2~3mのところでチャリコが沸いて、ダンゴの割れが早くなっていきます。

1267.jpg

チャリコの群れを突破しても底はカワハギだらけ。
何とかダンゴが割れないように締めても、割れたとたんにサシエは瞬殺でした。
しかし14時過ぎに潮が変わり、チャリコも底まで来るようになり、ここぞとばかりにダンゴを締めて打ち返します。
すると14時半に待ちに待った本命の登場。

1272.jpg

これは思い通りの嬉しい1枚でした。
この後は食いが渋かったせいかバラシもあり、17時半にあえなく納竿。
一日中エサ取りに翻弄された日でしたが、ダンゴの締めの重要性が認識できた日でもありました。

 

釣行データ

お名前 野々山様
釣行日 2012/06/23
釣り場 須賀利 川村釣りセンター
釣果 35cm 1枚
ロッド NSR 45
リール セイハコウ60SP
ライン LINE SYSTEM マークⅠ 3号
シンカー なし~2号
フック ヤイバチヌ 3号