浜ダン腹会長様からの投稿

11月29日(火)クラブメンバーと2人で須賀利『川村釣りセンター』へ大型狙いで釣行しました。

電話の予約時には沖の筏でという事でしたので40G+65Dのライン2号で考えていましたが、当日朝の船頭さんの話ではどこに乗ってもエサ取り地獄だが、幾分中のカセの方が期待が持てるだろうとの事でカセに決め、リールも2.5号巻きの両軸をセッティングしました。

状況は、やはり朝イチからとんでもないエサ取り地獄...

カワハギ含むフグ系、グレの猛攻に残るエサがありません。
しかもダンゴの煙幕に渦を巻く鰯の群れにラインを触られ当たりもボケてしまう状態。

しかし、残るエサで根気よくと言っていた船頭さんの言葉を信じ若干針持ちの良かったサナギで粘ると......。モゾモゾの直後に穂先が舞い込む当たり!

合わせた瞬間ガツンと確かな手応えを感じやり取り開始! 

11-29.jpg左に下に前にと強烈な走りと突っ込みにもうドキドキでしたが、前回40㎝を上げた時には7:3調子でしなったロッドが今回は綺麗な弧を描き、見事なタメの性能を実感!タモ入れ時の下への突っ込みも無事かわし、私に自己記録の更新と初の年無しの釣果をもたらせてくれました。

私の一生物の思い出が、NSRと共に誕生しました。

ありがとう!

PS:同行した広報ラーボーもNSRが描く弧に魅了され、購買スイッチ
がONしたようですよ!

  

釣行データ

お名前 浜ダン腹会長様
釣行日 2011/11/29
釣り場 須賀利 川村釣りセンター
釣果 チヌ51㎝1枚
ロッド NSR40G
リール 炎月BB
ライン 春夏秋冬2.5号
シンカー なし~1号
フック オーナー丸貝専用6号