清水港・原金釣り船

1月20日に清水港・原金釣り船さんへ行ってきました。

釣行数日前からの冷え込みで水温もぐっと下がり、沖の深場での釣りを楽しみにして行きましたが、当日は雨天で風も強く状況悪い為、湾奥にある貯木場での釣りとなりました。

1_20_800.jpg水深は満潮時でも5mほどで目の前には堤防、横には木材の固定用に使われていた杭(通称プリン)があり、釣り座から障害物がかなり近いポイントのためロッドは40G-145を使用。
船頭さんから食いがかなり渋いと聞いていたので、風が強く多少使いにくかったのですが、穂先はあえてストロークのある柔らかめの『650-170S』を選択。
チヌが食いに来た時の違和感を減らしアタリを大きく出したい時に使っていますが、今回のような浅場で食いの渋い時も活躍してくれる穂先です。

いざ釣りを始めると数投後にはダンゴアタリがあり期待するも、雨の影響かウグイが沢山寄ってしまいダンゴ釣りではちょい厄介なので、ダンゴは空打してニゴリの中・際への落とし込みメインで1日やってみました。

そして釣り開始から1時間後に待望の1枚目をエビで釣る事ができ、午前中は中型を4枚。

期待の午後には40cm前後のサイズが3枚出ましたが、その前に楽々年無しクラスをタモ入れ時にバラシてしまったのが残念です。(泣)

1_20_1_800.jpg満潮・干潮時刻の1時間ほど前に約30分間、アツイ時間帯があり当日はエサを底から20cmほど浮かせていた方がチヌの反応が良いように感じました。

当日のアタリエサはエビとオキアミでしたが、数日前にはサナギで良型が連発した様なので、少量でもあった方が良いかもです?!


山本チヌ研究会  嶋 幸司

 

釣行データ

お名前 嶋 幸司
釣行日 2012/01/20
釣り場 清水港・原金釣り船
釣果 28~42cm 7枚
ロッド NSR 40G 145
リール シマノ セイハコウ60SP
ライン サンライン トルネード ちぬ スペシャル筏・カセ1,75号
シンカー B~3B
フック がまかつ 遠投チヌ3号