清水港・原金つり船

6月23日に清水港・原金つり船に釣友と行ってきました。

ポイントは折戸の本船ブイ

船頭さんのアドバイス?では、かなりの大型が居るけどブイのワイヤーロープに走られてのバラシが多いとの事で、ラインはASRA150Sにはこの時期からのメインサイズとなる20~30cmをターゲットとしたライン1.2号をセットし、大型狙いには40G-145に2.5号をセットしました。

037_800.jpg

釣り開始しはASRAで様子見。
アジがダンゴに反応しているだけでしたが突然ダンゴにチヌらしきアタリが出だしたので、チャンスと思い太めのラインがセットしてある40Gにチェンジ。

たまに太いラインを使うとアタリがぼやけてチヌアタリが見極めにくいと聞く事がありますが、今回同行した釣友もそんな状況になってしまったようで一日中苦労していました。

が、ニシダ氏の削り出す穂先なら繊細なアタリをバッチリ伝えてくれます!

太ラインでもきっちり出るアタリを捕え、あとは40Gのロッドパワーで浮かしたこの日1発目のチヌは年無しチヌでした。

040_800.jpg

当日は細ラインで海底の様子を察知し、チヌの気配を感じた時は太ラインで確実にチヌをキャッチするパターンで10枚釣る事ができました。

今回の釣友との釣果にかなり?の差がでましたが穂先の差だと思ってます。

是非多くの方にNSRの感度バツグンの穂先を体感してもらいたいです。

 

釣行データ

お名前 嶋 幸司
釣行日 2012/06/23
釣り場 清水港・原金つり船
釣果 チヌ・キビレ 28~53cm 10枚
ロッド NSR 40G 145
リール セイハコウ60SP
ライン サンライン トルネード ちぬ スペシャル筏・カセ2.5号
シンカー なし~2B
フック がまかつ 遠投チヌ3号