家島 進鉱渡船

5月23日、C☆MAXの釣行会で家島「進鉱渡船」さんへ行きました。
当日は、最高の釣り日和で参加されたメンバー全員意気揚揚と筏へ上がっていきました。

CIMG0838_800.jpg

先日からの調査釣行でかなり状況が良くなってきていると聞いていましたので気合を入れて釣座抽選しましたが、残念がなら前情報で1番悪い8号筏を見事に引き当てました(笑)
私と同じ貧乏くじ8号筏を引いた黒ちゃんは、せっかく遠方の愛知県から来ていることもあり最近調子の良かった5号筏に空きがあったのでそっちに変更...これが運命の分かれ道でした。

CIMG0839_800.jpg

今日のテーマは「しっかり食わす」
瀬戸内のチヌはなぜか針外れが非常に多いので、ラインテンションに細心の注意を払いしっかり完全に飲み込ませてからフッキングすることを心がけました。

この日は、1日通して刺し餌を浮かせると全然反応が出なくて、底にしっかり置いておくと食ってくる感じで、ロープの張りが弱く筏がかなり動くし強烈な2枚潮のときがあったりで刺し餌が浮きやすかったので活性が上がるまではダンゴ釣りでも0.8シンカーをつけて釣る時か多かったです。


ダンゴ釣り動画


足元広角動画


穂先のシャイニングイエローは視認性抜群です!
この日はダンゴへのアタックはほとんどありませんでしたが、チヌはダンゴのすぐ近くに寄っていました。
どんどん刺し餌を持って行くイケイケアタリからオキアミの極小アタリまでじっくりご覧ください。



IMG_20120523_064140_800.jpg

とにかくこの日は針外れをできるだけなくすのが目標だったので、これでもかって言うぐらい送り込んでからフッキングしていたのでビデオにはいい画が撮れるだろうと思っていましたが、それがそれが...

刺し餌がボケの時は、結構イケイケの良い当たりが出るのですが、オキアミは小さいアタリが多かったです。

繊細なロッドワークでラインテンションをキープしないとアタリを見逃してしまうくらい小さいアタリも結構ありました。

もうこの瀬戸内独特の小さいアタリが楽しくて楽しくて♪

CIMG0850_800.jpg

海底をイメージしながら思い通りに食わせる事ができた時の快感は本当にたまりません!

こんな釣りができるのもニシダ☆テツヤ氏が削ってくれる穂先があるからです。

瀬戸内の手強いチヌを是非「ASRA」で攻略してみてください!!

釣行データ

お名前 新田 純次
釣行日 2012/05/23
釣り場 家島 進鉱渡船
釣果 48cm頭に19枚
ロッド ASRA 150S #172
リール アスリートラガー 65D-BG LIVRE改
ライン LINE SYSTEM マークⅠ 1.5号
シンカー なし~0.8号
フック 閃刃チヌミドル 2号 3号